10対0で先方に過失があって追突され、車に損傷が生じた場合、

中古車の売却においては、走行距離が10

中古車の売却においては、走行距離が10万キロを超えているような車の場合、査定してみると価値がつかないことが多いです。ですが、タイヤがまだ新しかったり、車検まで期間が残っている場合などの、何らかのメリットがあるとすれば案外、すんなりと売却できる場合もあるので、諦めてはいけません。

続きを読む

車を購入する友人たちに聞くと、古い車はほぼ100%下取りに出

過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、車に損傷が

過失割合10、ゼロで自己相手に非がある追突事故で、車に損傷が生じた場合、それはそれでつらいですが、あとでディーラーの下取りや中古ズバットに出す際は事故車扱いになりますから、そうでない車とは比べ物にならないほど低い査定額になってしまう場合があります。
原因となった事故の相手にこの損失について補償を求めるとなると、過去の判例を見ても解釈がいろいろで、可能とも不可能とも言いがたいです。

続きを読む

所有する車の売却をスムーズに進めるた

知っておいて損はないでしょうが、中古カーセンサ

知っておいて損はないでしょうが、中古カーセンサーの車買い取りの市場においては、大手の業者と中小の業者では中古車査定時の姿勢がちょっと違ってくるのです。

大企業は資金力にも恵まれていますし、買い取った車は専用の販売ルートでさばくことができるので、ここぞとばかりに買い取りを進めていきます。

続きを読む