中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれ

中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれ

中古車を査定に出す場合、タイヤの溝の減り具合も査定項目に含まれているので、溝が磨り減っているとマイナス査定になります。

しかしながら、車を手放す前に新しく購入してタイヤを付け替えても費用ほどには査定アップしませんから、行う必要性は全くないでしょう。

続きを読む