10対0で先方に過失があって追突され、車に損傷が生じた場合、

中古車の売却においては、走行距離が10

中古車の売却においては、走行距離が10万キロを超えているような車の場合、査定してみると価値がつかないことが多いです。ですが、タイヤがまだ新しかったり、車検まで期間が残っている場合などの、何らかのメリットがあるとすれば案外、すんなりと売却できる場合もあるので、諦めてはいけません。

続きを読む