10対0で先方に過失があって追突され、車に損傷が生じた場合、

中古車の売却においては、走行距離が10

中古車の売却においては、走行距離が10万キロを超えているような車の場合、査定してみると価値がつかないことが多いです。ですが、タイヤがまだ新しかったり、車検まで期間が残っている場合などの、何らかのメリットがあるとすれば案外、すんなりと売却できる場合もあるので、諦めてはいけません。

Read More

事故を起こしてしまった車でも査定は可能です

平成17年から、自動車リサイクル法が実施されてい

平成17年から、自動車リサイクル法が実施されていますので、現在町中を走っている車の多くが、自動車リサイクル法に則り、自動車リサイクル料金を払っていると思われます。このようなリサイクル料金払い済みの車両を売ろうとする場合、その買取業者からリサイクル料金に近い金額を受け取れます。

Read More

10万キロ以上走った車というのは、過走行車(多走行車)など

売却予定の中古車を査定するときには、カ

売却予定の中古車を査定するときには、カーナビゲーションシステムなどのオプションがついていると基本的にはプラスの査定になることでしょう。
但し、古い車種でなければカーナビが付いていない方が珍しいので、比較的新型のカーナビでないと見積金額が大幅にプラスになるとは考えにくいのです。

Read More