中古車を維持するためにかかるお金がどのくらい必要なのかを調査

中古車を維持するためにかかるお金がどのくらい必要なのかを調査

中古車を維持するためにかかるお金がどのくらい必要なのかを調査しました。



中古車を買うときに必ずしておくべきことは今までどのくらい走ったかを調べておくことです。走行した距離が長いと車の傷み方が進んでいるので維持するためにたくさんお金がかかることも考えられます。

一般的に、中古車販売店等に車を売った際に査定書が発行されることはなく、「発行してください」と言ってももらえないことがほとんどです。

自己破産や遺産相続に関して資産証明が必要になることがありますが、このような場面で査定額が分かる証明書が必要になった際には、日本自動車査定協会(JAAI)に見積もりをお願いしなければならないでしょう。協会の事業所は日本国内に全部で50ヶ所以上あり、査定には指定の料金がかかります。さらに、少々面倒ですが、事前予約制となっているのです。下取りにより車を引き取ってもらう場合には名義を変更する手続きが発生するので、予め、書類をしっかりとまとめておくことが重要になってくるわけです。名義変更の手続きには、自動車検査証と自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書を使います。そのほかに、譲渡証明書に印鑑を押すために実印も必要になってきますので忘れず用意してください。
たとえ全く乗っていなかったとしても持っているだけで維持費がかかるのが自動車です。自宅近辺に使える公共の交通機関が充実しているなどの理由で、自家用車がなくてもあまり不便に感じないなら売り払ってしまうことで家計はかなり節約できるでしょう。

そんな維持費の内容を見てみると、二年に一度の車検代や毎年かかる自動車保険や自動車税、アパートなどなら駐車場代も別にかかるケースがほとんどでしょう。


これらを総合的に見ると、意外に高くて年間数十万円にも達することだってあるのです。事故してしまい車を直した際は、正しくは事故車とは言わず修復暦車とします。



修復暦車では車買取業者の査定において、査定額が相当落ちてしまう要因のうちのひとつとなります。
ただし、軽度の事故の修理の場合、修復暦車と扱われることなく普段どおりの査定を受けられる車も存在します。
法改正によって、平成17年1月から車の再資源化に際する問題解決を目的として、自動車リサイクル法が施行されています。



そのため、今現在利用されている殆どの車は法が定めた「自動車リサイクル料金」を納めているはずです。



こうした、リサイクル料金を既に支払っている車を売却する時には、中古カーセンサーの車買い取り業者の方から車を買ったときに納めたリサイクル料金相当の金額を受け取ることが出来ます。返されたリサイクル料金相当の金額が、そのまま支払われるのか、またはそのまま査定額の中に含まれているのかは、業者によって異なりますから、確認を怠らないようにしましょう。以前、顔見知りの使用済み車販売業者の方に、10年以上乗ってきた車を査定してもらいました。

廃車寸前との結果で、値が付くのかどうか不安でしたが、3万円で下取りしてくれるということでした。あとで、その車は修繕され代車などに使われという話です。
事故を起こした車の場合、修理するのにお金をたくさん使っても、事故以前と同等のレベルにすることもよくある事です。事故の際、車が受ける衝撃により、フレームに歪みができてしまうと、完全に修理することができないこともあります。


事故車を修理するのにお金を使っても、事故車を専門的に買い取っている業者に売ってしまって、新車を買う方が安全安心です。

自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。但し、この数値はあくまで目安ですから、型式が古い自動車の場合には通常は年鑑の走行距離数がいくらか短くなると考えられます。
車を買取専門店に査定に出すときにはあまり走っていない車の方がプラスの査定結果が出ます。走行距離が少ない方が良いのですが、車の機械の一種ですから定期的に乗らないとかえって何かしら不具合が生じやすいものなのです。その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、査定額アップの幅は少なくなってしまうのが実情です。

車を売ろうと思った時点でいろいろ準備しておくと、査定時直前になって慌てなくて済みますし買取額が増える可能性もあります。準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。
それと、いわゆる改造車(パーツ交換した車)であれば、ノーマルの状態に復帰してから査定してもらうほうが良いです。ほとんどの業者の査定では純正パーツの車は好まれますし査定額にも影響してきます。
あとは、売却にかかる時間を短く済ませようと思ったら、売却先を決める前に契約時に要求される書類を用意しておくと手続きがスムースです。